FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年にやってみたいこと

毎年あれこれ新しいことを試みてみようと考えるのですが、なんだかんだで先送りになったり・・・というわけで、今回もちゃんと実行するかどうか、自分自身で半信半疑ですが、考えていることを少し書いてみます。

まず去年から持ち越しの2件。

1.コヤスバ(下)に石灰窒素を施肥
コヤスバ(下)は有機物の堆積が多いので、いっちょやってみようかと。ただ、師匠には毎年やるのはやめた方がいいと言われ、ちょっとびびっているので(笑)、施肥量はほんの少しにするつもりです。その分、たまつゆか硫安を少し減らそうかとも考えています。

2.8月に苦土石灰を施肥
pHがだいぶ低いのでやろうと思います。特に収量の低いコヤスバ(上)は必ずやりたい。ちなみに今年は雨が降らず土がカラカラに乾いていて断念しました。

3.春草を放置
お姑さんが「草が肥料を吸うてしまう!」と言って念入りに除草していた春草(ハコベなど)。が、まいた肥料の流出防止になるのではないかと常々思っていて、お姑さんが弱って茶畑に来なくなったこの機会に、背丈が低くて茶に害を及ぼすように思えない春草は放置しようと思います。が、エンドレスに増殖すると思うので、道やお隣さんとの境界はこまめに除草します。夏草は放置すると放棄茶園状態になるので今まで通り除草します。(いつも通りにやったって草の成長に間に合ってないし・・・笑)

※化学肥料は水に溶けやすく、それ故速効性もありますが、チャノキが栄養として取り込めるのはそのうちの一部で、あとは雨などで畑外に流出します。過去にはこれが川に流れ込んで富栄養化を招いて問題になりました。流出する分の肥料成分を草が吸ってくれて、そのうち枯れて土になれば有機資材として安定的に土壌中に養分が蓄積されます。(これはあくまでも私の頭の中での都合のいい解釈です)

とりあえず以上の3つ!これで成果が現れたら、もっとお茶にハマっちゃいそうです(笑)。
スポンサーサイト

【香ル茶】茶畑作業日誌

高知県仁淀川町で「香ル茶」という紅茶を製造販売中!作業のあれこれや加工の話など茶全般を書いていきます。

プロフィール

くりけい

Author:くりけい
(なんちゃって)茶農家のくりけいです。コメントはホームぺージの掲示板へお願いします。トラックバックは受け付けておりません。ご了承ください。【香ル茶の注文はリンクの「ビバ!沢渡」からお願いします。】

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。