FC2ブログ

春整枝

茶摘み前の作業に「春整枝」というのがあります。秋整枝で一応きれいに刈りならしていますが、どうしても冬の間に雪や風で葉が立ち上がってしまいます。その飛び出た部分を刈る作業です。

この作業では、秋整枝でどの方向の剪枝機を使ったかに関係なく、摘採機(茶摘みの機械)と同じ方向の刃の機械を使います。摘採機に逆らう葉を作らないためです。

時期は新芽が伸び出す直前がベスト。茶摘みまでの期間が長ければ長いほど、再び葉が立ってしまう確率が高まりますが、芽が伸び出してからは芽も切ってしまうのでできません。なので、理想は芽が伸び出す直前、ということになります。香ル茶園では3月上旬を目安に行っていますが、去年は2月の気温が高かったので、すでに芽が出てしまっていました。今年は寒いので、3月入ってからでちょうどぐらいだと思います。
スポンサーサイト



【香ル茶】茶畑作業日誌

高知県仁淀川町で「香ル茶」という紅茶を製造販売中!作業のあれこれや加工の話など茶全般を書いていきます。

プロフィール

くりけい

Author:くりけい
(なんちゃって)茶農家のくりけいです。コメントはホームぺージの掲示板へお願いします。トラックバックは受け付けておりません。ご了承ください。【香ル茶の注文はリンクの「ビバ!沢渡」からお願いします。】

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
このページのトップへ