FC2ブログ

2012年の紅茶づくり 第三弾

ずぶずぶの茶葉を持って沢渡へ。とりあえず広げてからいったん帰宅し、着替えてお昼ご飯を食べてから再度沢渡へ行きました。岸本くんが前日摘んだ茶葉を加工していたので、それをお手伝いしました。

天気が悪い日ばかりなので、萎凋が進まなくて苦労しています。

■製造量 生葉:99キロ 製品:21キロ
■作業時間 13:30~19:30(岸本くん兄弟は朝から)
■作業者 くりけい、岸本くん、岸本くん(弟)

2012年の紅茶づくり 第二弾

この日は岸本くんがひとりでがんばっていたので、仕事が終わってから手伝いに行きました。が、早めに仕事が上がれたので、ちょっと茶業試験場に立ち寄り。師匠に金曜日の紅茶の出来を見てもらいました。合格点いただきました。機械の温度の件なども、岸本くんが午前中に来て相談していったみたいです。(結局まだ解決には至ってないんですが)

工場風景。衛生面に気を遣い、工場内は土足禁止にしています。
IMG_0013_20120619095850.jpg

工場からのながめ。近づく台風に備えて、大渡ダムはかなり水を減らしていました。
IMG_0015_20120619095849.jpg

できあがった紅茶。新しいカメラを持っていったので、前回のようにピンぼけせずに撮れました(笑)。茶業試験場でもそうらしいのですが、今年の紅茶は色が黒いです。
IMG_0019.jpg

■製造量 生葉:85キロ 製品:19キロ
■作業時間 17:15~22:00(私の場合。岸本くんは昼から)
■作業者 くりけい、岸本くん、岸本くんのおばあちゃん

2012年の紅茶づくり 第一弾

岸本くんが摘む!というので、お休みを取って沢渡の共同加工場で加工を一緒にやってきました。気温が低かったので萎凋の進みが悪く、若干萎凋足らな気味でやったので心配だったのですが、芽が若かったのもあってきれいでなかなかよいものができました。

こんなせま~い工場ですが、ちゃんとやれます。
IMG_0004_20120616102059.jpg

揉捻機で揉んでいる様子。ちょっと水分が多かったので、途中重しを軽くしました。これがよかったのかも。
IMG_0001_20120616102101.jpg

あと工場内にある機械は撚り手を取り除いた中揉機。これ、排気温100度でやるはずがガス全開でも75度までしか上がらず・・・
IMG_0002_20120616102100.jpg

そして棚式乾燥機。これまた排気温75度でやりたいのに50度までしか上がらない・・・これはどう考えてもおかしいっしょ!(ガス管が細すぎるみたいだけど、メーカーさん、どうなっちゅうが~?!)
IMG_0003_20120616102100.jpg

と様々想定外な機械のトラブル(?)がありましたが、もうこれでやるしかないし、ということで、時間を長めにしてやりました。

できあがり。(揉捻機掃除のあとで手がしわしわ・・・汗)
tea.jpg

試しに飲んでみましたが、まぁまぁのお味でホッとしました。

ちなみに途中で佐川の役場の方(尾川地区での紅茶づくり模索中)と、ukikikumiちゃんが見学に来てくれました。kumiちゃんのブログアップを楽しみに待ちます!岸本くんのおじいちゃんも見に来てくれましたよ♪

■製造量 生葉:80キロ 製品:16キロ
■作業時間 9:00~20:00
■作業者 くりけい、岸本くん、岸本くん(弟)

工場の掃除

今年から使わせてもらう沢渡の共同工場の掃除をしました。だいぶホコリなどたまっていたので、エアで吹き飛ばし、床も水を流して洗ってすっかりきれいに。備品も配置して準備万端です。

本当はこの日に第1弾をやる予定だったのですが、害虫が多くて芽の伸びが悪く、延期になりました。一雨降ったあと、木曜日か金曜日あたりにお天気を見つつ、第1弾をやりたいと思います。

■作業時間 14:00~16:00
■作業者 くりけい、だんなさん、岸本くん

紅茶試飲会

今日、お茶の集まりのおまけで、県内で今年製造された紅茶の試飲会が行われました。私も参加しました。茶業試験場の今年度の紅茶製造におけるまとめなども入手できたので(というか、研修生なんだからくれたらいいのに・・・)よかったです。来年に活かしたいと思います。

香ル茶としては今年は加工場の問題などで課題の残る出来具合だったので、来年は香りのよい、おいしい紅茶を安定してつくれるようにがんばりたいと思います。農協さんのや他の茶生産者さんの紅茶もいくつかあり、どれもそこそこのレベルになっていました。全体的に底上げできてきている感じでよかったです。

IMG_0004_20111206160129.jpg

さらに負け惜しみを言えば(笑)、土日の赤岡での試飲をいれていても思ったのですが、やはり香ル茶は出が悪いので、茶葉多めでじっくり保温(タオルなどでポット・急須をくるむ)しながら抽出するとおいしいなぁと思いました。皆さんも自分流のいれ方で楽しんでみて下さいね。

【香ル茶】茶畑作業日誌

高知県仁淀川町で「香ル茶」という紅茶を製造販売中!作業のあれこれや加工の話など茶全般を書いていきます。

プロフィール

くりけい

Author:くりけい
(なんちゃって)茶農家のくりけいです。コメントはホームぺージの掲示板へお願いします。トラックバックは受け付けておりません。ご了承ください。【香ル茶の注文はリンクの「ビバ!沢渡」からお願いします。】

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
このページのトップへ